禁煙するきっかけ

禁煙治療を始めるためには、絶対に禁煙に成功するという強い意志が必要だといわれていますが、禁煙成功者のほとんどはこの意志を持つに至るきっかけがあります。よく見受けられるケースの一つは、病気を理由とした禁煙です。例えば、肺や喉、気管に生じる病気は、長期間あるいは大量の喫煙が原因で発症することが多く、その状態を放置したまま喫煙を続けるとどんどん症状が悪化していき、最悪の場合には死に至ることがあるため、禁煙を決意する強い動機となります。肺や喉以外の部位で発症する病気についても、喫煙が症状改善を妨げる要因となっていることが多いため、完治後に健康な状態を維持していくことも考慮すると喫煙をやめる動機となり得ます。女性の場合は、妊娠も禁煙を決意するきっかけとなることが多いです。妊娠後に喫煙を続けると、お腹の中の胎児の発育に悪影響を与えることが明らかになっています。また、乳児や幼児が亡くなる原因の一つである乳幼児突然死症候群の発症に妊娠中の女性の喫煙が大きく関係しているといわれているなど、喫煙による子供への影響は出産後にも起こりえます。女性の中にはこれらの点を考慮し、妊娠をきっかけにタバコを吸うのを完全にやめた人がたくさんいます。禁煙成功者の中には、喫煙マナーが悪い人の行動を見てやめる決意をする人もいます。例えば、外出中にタバコを火がついたままの状態で地面にポイ捨てする人や、吸ってはいけない場所で堂々と喫煙している人を見かけたり、禁煙や分煙を実施している勤務先でルール違反を繰り返す同僚を見かけることは、自分もこのような人のように白い目でみられたくないと考え、タバコを吸うのをやめる良いきっかけとなります。

▼あなたも禁煙成功率が高いチャンピックスでタバコを卒業しませんか?
チャンピックス